向井理さんが女優の国仲涼子さんと結婚してから、テレビにめっきりとでなくなりました。 やはり結婚によって人気が陰ったといわれていますね。 向井さんの祖母の出自も話題に? 国内外の噂をもとに向井さんの事を復習してみましょう!

 

 

 

sponsored link

向井理は結婚で俳優キャリアが完全に失敗してしまった?

向井理さんはドラマ「ゲゲゲの女房」の水木しげる役で大ヒットした俳優さん。

出典:NHK

甘いマスクで若い女性を中心とした支持層のファンをかつて持っていたようです。

 

しかし、順風満帆だった俳優キャリアもあることがきっかけで終わりを告げます。

 

あることがきっかけで俳優として人気が無くなる?

そのあることとは、2015年に国仲涼子さんと結婚したことです。

「人気が無くなった」基準として挙げられているモノが 仕事の量です。

・CMに多数出演していたが、2015年を境に減った

・ドラマの出演数も減(今でもコンスタントにテレビには出ているようですが)

・「女性が恋人にしたいランキング」それまでは10位以内にランクインも2015年には圏外に飛ばされる。

 

言わずもがな人気商売の芸能人なのですから、イケメン俳優が結婚してしまって人気が陰るのは仕方のない事。

しかし、結婚後でもテレビに出ずっぱりの小栗旬は、結婚を見越してファミリー向けの仕事も増やしたことで

色んな層に顔を知ってもらうことで、リスクの分散をしたわけですね。

 

しかし、向井理さんは結婚前に敏腕マネージャーが家庭の事情で退いたこともあり、司令塔が居ないまま仕事を続けてしまった結果

直後に結婚を発表。 ファン離れを招く結果になってしまったようです。

 

ここまで仕事が極端に減ってしまった理由は、

・仕事を自分のルックス頼みにしすぎていたことで、俳優としての実力がなかった

・結婚することを見越して仕事の幅を広げなかった

小栗旬さんとはかなり水をあけられた結果になるのもうなずけますね。

確かに向井さんの役どころは華やかなものが多いのですが、「棒役者」と言われているのをちらほら目にするぐらいですから、

あまり俳優としても実力がイマイチなんでしょうが…。

 

自分に自信がある「俺様キャラ」で人気ガタ落ち

女芸人に酔った勢いで「ブスは帰れ発言で支持層がさらに狭まる

 向井は某飲料のCMに出演中で、共演には女お笑いコンビ「ニッチェ」も名を連ねる。太めの近藤くみこ(31)とかなり太めの江上敬子(29)のインパクト大なビジュアルとネタの面白さで、売れっ子への道を歩む女コンビだ。若手ながら、“大物”向井とのCMに抜てきされたニッチェには、お笑い仲間も大興奮で羨望のまなざしを向ける。芸人飲み会では「向井理ってすごいカッコイイだろ?オマエら、ほれるなよ」などとからかわれることもあるという。だが、当の本人たちはなぜか渋い顔なのだ。事情通によれば「ある時、CMの打ち上げが開かれて、向井さんやニッチェら出演者とスタッフが参加したことがある」という。飲みの席は盛り上がり、向井も酒をガンガン飲んだそうだ。

「悪酔いした向井さんは、ニッチェに『ブサイクは帰れ~』と言ったらしい。でも、ニッチェはもともとブスキャラだから、その場は『向井さ~ん、ブスでも勘弁してくださいよ~』と返し、スタッフたちも大笑いだった」

それで終わりにすればいいものを、向井はその後も「オマエら、本当にブサイクだな」「ブスは帰れよ」と何度も何度も連呼。「さすがにネタにするには無理がある。ニッチェの2人も、だんだん返事すらしなくなった」そうだ。周りで笑っていたスタッフも、あまりにもブスに厳しい向井にはドン引きしてしまったという。「ニッチェもあきれていたんだけど、酒の席だし、今後もお世話になる人だから、大人になろうと思って『向井さん! 2次会行きましょう! お願いします』と下手に出た。でも、向井は『だから、さっきからブスは帰れって言ってんだろ!』と言ってしまった」

引用:東スポ

 

これは本人の仕事の能力だけではなくて、性格にも難がありそうな人ですね。

結婚してお役御免となるのもうなずけるのかも…。

 

sponsored link

向井理の祖母の国籍は韓国だった?

最近向井理さんの祖母の話題が映画『いつまた君と~何日君再来』の実写化で有名になっています。

何日君再来の映画に関して 気になる内容は…

引用:http://itsukimi.jp/

 

ストーリー

81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、
亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。
しかし、朋子は突然病に倒れてしまう。

 

そんな朋子の代わりに、孫の理が
『何日君再来』と題された祖母の手記をまとめていくことに。

綴られていたのは今まで知ることのなかった、
戦中・戦後の困難な時代を生きてきた
祖母・朋子と祖父・吾郎の波乱の歴史と、
深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった-。

引用:http://itsukimi.jp/

 

この映画の原作となる物は祖母が手記で残していたものをパソコンで打ち直して、自費出版をするというエピソードのもので

向井さん自身の祖母のストーリーがベースとなる映画だそうです。

 

その関係で向井さんのおばあさんの国籍を知りたい方が多かったワケです。

 

向井理の祖母は日本人?国籍は?

向井理さん自身、在日韓国人ではないのかという噂が立っているようですが、それはガセでしょう。

親戚が中国の満州から朝鮮半島経由で日本へ引き上げてくるストーリーが前での「いつまた君」なので、ちょっと話がちぐはぐになりますし、

祖母が中国人だというわけでもなさそうです。 そのストーリーが歪曲して向井理の祖母=中国人? 向井理=在日韓国人?

という話になってしまっているのでしょう。

 

戦争中の騒乱は想像を絶するものがありますよね。 その中を生きてこられた向井理さんのおばあさんがどこ出身でも構わないと思うのですが、芸能人とあってか、いらぬ注目まで浴びてしまうようですね。

 

ちなみにこの映画「いつまた君と」は以前婦女暴行で逮捕された高畑裕太さんが主演を務める予定だったのですが、その部分は全部カットで新人の俳優さんを入れて再撮影に挑んだという力の入れようです。

 

脇の女優さんが野際陽子・岸田佳代子など豪華なキャストなので、一度目を通してみるのもいいかも!

 

関連記事:こちらもどうぞ


西島秀俊の鼻が不自然なのはプロテーゼを入れていたから?美しい筋肉のトレーニング方法がストイックでヤバイ?

小栗旬と山田優はプライベートは信じられないぐらい険悪?小栗の浮気相手は岩井七世と確定か。

IZAMの現在は性格が悪すぎて干されたのか?!吉岡美穂と実は仲良い夫婦でビジネス不仲?

ディーンフジオカの詐称疑惑で番組降板の最新情報!嫁の富豪ぶりと父親が色んな意味で凄い!

中居正広が独立し事務所立上げが暗にささやかれる。薬使用を公式否定しないその裏側が明らかに?

吉田美和の不幸は略奪でバチが当たったとの噂…。落ち着かない性格は地元で昔から有名だった?

内村光良の嫁略奪事件の真相…慰謝料を払っていた?内村は久本雅美は和解するも残るしこりとは?

松田聖子と郷ひろみが破局理由が今ようやく明かされる・・・。二人の現在は顔がパンパンで顔面崩壊!?

お読みいただきありがとうございます★