俳優・コメディアン・演出家といろんな顔をもつムロツヨシさん。俳優の小泉孝太郎さんの「恋人」となぜか冗談として定番の俳優さんです。 脇役として主役としてもぶれない演技力が定評ですが、今回は彼の生い立ちについて迫りたいと思います。

 

 

 

 

sponsored link

ムロツヨシの生い立ちが壮絶で母親や父親と疎遠だった…

飄々とした一面をもつムロツヨシさんはテレビに舞台に欠かせない俳優の一人として活躍しております。 もともと俳優養成所出身の彼。 事務所に所属しないままフリーで下積みをはじめて、今ではその演技力を認められて活躍の場を広げています。

 

そんな、売れっ子になった俳優・ムロツヨシさんですが、芸能界には「ありがちな」壮絶な幼少時代を送っていたようです。

彼が売れっ子になったきっかけを作ったNHKの朝ドラ「ごちそうさん」に建築家の役として出演。 それ以降自分の生い立ちを語る機会が増えているようです。

・父親と母親はムロが3歳の時に離婚。親権を持つ父親に引き取られ、それから母親には一度もあったことはない。

・それから親権を持つはずの父は他の女性を見つけ家を出て行った。ムロは父方の祖父母に引き取られた。

・アパートの一室に祖父母とムロが住み、隣の部屋に父親と後妻が済んだというエピソードまで

 

ムロさんは芸名で、本名は明かしていません。

 

なぜかというと、珍しい姓をお持ちでもし母親がテレビをみて自分の息子がテレビに出てるのを見るのは嫌だと思うからという気遣いだそうです。

しかしながら、売れっ子になるまで20年ぐらいかかったムロは「本名でもよかったかな」と本音を漏らしています。

 

楽しい雰囲気でお茶の間を沸かせているムロさんなんですけど、人にはとても言えないような過去があったようですね。 しかもものすごく長い下積み生活をへて、やっとNHKの朝ドラで評価してもらえた困難な人生だったとお分かりいただけると思います。

 

小泉孝太郎とはなんであんなに仲良しなのか

俳優の小泉孝太郎さんとはかなりの親密ぶりで色んなエピソードがあるようです。

・小泉孝太郎の部屋の合鍵をムロが持っている

・小泉孝太郎の父親:小泉元総理大臣とも交流が。毎年小泉純一郎から「ムロが結婚するまで」お年玉をもらっているという。

 

小泉孝太郎と知り合ったきっかけは?

ムロ「27歳のとき、僕が最初に出演した本広(克行)監督の映画の主演だった瑛太(31)と仲良くなって、いろんな人たちを紹介してもらい、交友関係が広がりました。

引用:Naverまとめ

瑛太さんってそう思うと、結構長い間活躍してらっしゃるんですよね…。時代の流れの速さにびっくりです…。

幅広い支持層を持つ彼の魅力は何か?

・演技のふり幅の大きさ

・ムロさんの魅力はギャップ(普段のテンションと演技のときの熱の入り方が違うのでしょうね)

・大人の魅力がちらりと見えるところ。

・大河ドラマでイラッとするほどインパクトのある役を演じきっている

・可愛いらしいところがある

特に若い女性を中心に、男性も彼の演技力の高さを評価しているのをみることができます。 しかし、大人の色気を出す演技とか結構うまそうですよね。 普段はうるさくてウザい役ばっかりなイメージですが。 演技のふり幅の大きさもムロツヨシさんの魅力でしょうね。

sponsored link




ムロツヨシの結婚相手は一体どんな相手?

上にも述べた通り、ムロツヨシさんは役者として食べていけるようになったのはここ1年ぐらいだそうで、それまではバイトとお芝居の掛け持ちで役者を続けていたようです。

なので、役者をやりながら結婚相手を見つけて結婚するまでの時間は絶対なかったでしょうね。

当然、ムロツヨシさんは独身だということができます。 上の小泉孝太郎さんの父純一郎さんからお年玉を「結婚するまで」もらっているようですし、まだ結婚できるかどうかはわからないようです。

 

両親の離婚という辛い過去を経験しているムロツヨシさんの結婚観について調べてみました。

・恋愛と結婚は別物

・結婚願望がないけど恋愛はする(そのことでよく小栗旬から怒られるそうだ)

・育ってきた環境のせいではないけど結婚願望がない

・彼女と噂されているの佐藤仁美さんという女優

この人、「こんなところに日本人が」という番組で弾丸で海外に行かされている人っていう印象ですね。

佐藤さんも特に結婚願望なさそうな人ですけど…。

 

結局どちらかに結婚願望がなかったら結婚絶対しませんよね。 ムロさんはせっかく役者として売れてきたのにわざわざ結婚するとかはないと思いますね。

 

ムロツヨシさんの魅力少しでも知っていただけましたか?

 

 

関連記事:こちらもどうぞ

お読みいただきありがとうございます