「マツコの月曜から夜更かし」がきっかけで、テレビ出演や自身のブログが増えたという柏崎桃子さん。さらにドキュメンタリー番組での出演でも知られていて彼女の波乱万丈の人生を見ることができます。 今回はシングルマザーの柏崎さんの元夫は何をしているのか、それと息子さんの事を取り上げてみたいと思います。

 

 

 

sponsored link

柏崎桃子の壮絶な結婚生活と離婚、元旦那は今どこで何をしているのか?

柏崎桃子さんはどんな壮絶人生を送っていたのか、ざっとまとめて書き出してみます。

・1979年生まれ 現在37歳

・17歳で妊娠・出産

・24歳で離婚

・2014年にお笑い芸人の道を志し、状況。息子は栃木の実家に預けている。

 

これだけ見てもかなりの波乱万丈であるのですが、まず17歳の時に妊娠・出産の時はどんな状況だったのか

高校2年生の時妊娠・出産 周りの反応は?

・柏崎桃子さんは早く持ちたいと思っていた。 相手の事も好きだし子供を産みたい気持ちが強かった。

→両親は猛反対:父母は頭が真っ白な状態。 堕胎を促したが「子供が産めない体になったらどうするの?」と柏崎桃子が反論。 結局出産。結婚。

 

こんなこと言われたら、親心としては出産を許すしかないじゃないですか。 ちょっと、柏崎桃子さんって後先考えてないのかなという印象が残りますね。

 

短い結婚生活。24歳の時に離婚

・度重なる借金とギャンブル好き

・結婚してからも好きだった元夫に女性の影

→柏崎桃子は自分がコンプレックスが原因だと思い込み、自分から離婚を告げる。が中々旦那が別れてくれず、離婚に10カ月を要した。

(一部引用:Spotlight

 

好きだった旦那さんがギャンブラー&浮気なんてツイていないですね。 結局別れてくれないので、養育費と慰謝料はもらわなかったそうです。

こんな「性格的に終わっている」元夫とは育児に関しては今でも連絡は取り合っているようで、たまに相談を持ち掛ける仲みたいです。

ももちのブログから抜粋

私は旦那に電話番号を伝え職場へ戻った。
午後のレクリエーションを終え、トイレ誘導をし利用者さんを送迎する。
その時旦那から連絡が入った。
利用者さんをすべて送り終わった後だったので出た。
『もしもし?』
『先生のとこに連絡したよ。』
『先生なんて?』
『もう少し様子を見てみましょうって。』
『そうか…』
何の解決もしてないのかとため息をつくと
『俺言っといたから』
『なんて?』
『もし、そちらの対処が遅くて
うちの息子が自殺したらどうするんですか?って。』
『え!?』
旦那の言葉に驚いた。
先生は見ていてくれているもの…そう思っていたから…
まさかそこまでは…
『俺は息子が心配だから。』
『…うん。ありがとう。』
>引用:アメブロ